離乳食の進め方!5~6ヶ月の離乳食初期はどんな感じ?

5ヶ月を過ぎると、いよいよ離乳食が始めようと準備しますよね。

初めての離乳食。おうちの方も不安がいっぱいかと思います。

  • 初めての離乳食。どんな風に進めればいいのかわからない。
  • 5~6ヶ月の離乳食って大きさや固さはどんな感じ?

そのようなことでお悩みの方に、離乳食初期(5~6ヶ月)の進め方についてお話していきますね。

目次

離乳食の進め方!いつから始められる?

離乳食は一般的には5ヶ月からと言われていますよね。

しかし、5ヶ月になったからすぐに始められるかと言えば、そうではありません。

それは個人の成長で時期が前後します。

【離乳食を始める発達の目安】

  • 首が座っている。
  • 膝に乗せた時にある程度、支えれば座っていられる。
  • 誰かが食べている姿に興味をもって見る。
  • 口をもぐもぐさせたり、よだれが垂れたりする。
  • 食べ物に興味を示す。

それらが獲得されてるだろうと思われる時期が5ヶ月頃と考えられています。

子どもの様子を観察し、発達の目安を達成できているかを見ていく必要があります。

離乳食の進め方!月齢ごとの離乳食の目安は?

それでは標準的な食事回数や調理の仕方、量の目安などをご紹介します。

離乳食の進み具合には個人差がありますので、こどもの様子を見ながらあせらず、ゆっくり進めましょう。

離乳食初期(生後5~6か月頃)

一般的には、ゴックン期とも言われます。

この時期はまず食べることや食材に慣れることが大切です。

子どもの健康状態や機嫌などを見ながら、無理せず進めるようにしましょう。

今日は無理だなぁと思ったら1日飛ばしても全然問題ありません。

子どもの調子に合わせることが最も大切です!

【進め方のポイント】

  • 初めてあげる食品は1日1品1さじから始める。
  • 慣れてきたら少しずつ量や食べられる食材を増やしていく。
  • あげるのは午前中の授乳前。
  • 食材はなめらかにすりつぶした状態(ペースト状)であげる。
  • 母乳やミルクは飲みたいだけあげる。
ゆうこ
比較的に午前中や日中は子ども自身も機嫌が良いタイミングです。

何かあった場合、お医者さんにもかかることもあるでしょうし、できるかぎり初めて食べる食材は午前中に進めるようにしましょう。

【離乳食開始時】

  • 最初はつぶしがゆから食べさせる。
  • すりつぶした野菜。
  • 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚などを試してみる。

【離乳食開始から1ヶ月後】

  • 食べることに慣れてきたら、2回食に進めていく。
  • 初めて食べる食品は午前中に食べさせるようにする。
  • 2回目開始時は、1回食よりも少なめに。徐々に増やしていく。
  • 形態はなめらかにすりつぶした状態のまま徐々に食品の種類、量を増やしていく。
ゆうこ
母乳育児の場合、生後6か月頃から鉄欠乏を生じやすくなるため、鉄を含む食品を取り入れると良いですよ。

又、ミルクを離乳食の素材として利用すると栄養を補えますよ。

離乳食初期(5~6ヶ月)の食材の大きさ・固さ

食材の大きさや固さは舌触りがなめらかで、飲み込みやすいようにすると食べやすいです。

食材の大きさ・固さ

引用:和光堂

食べている様子を見ながら、少しずつ食材や量を増やしていきましょう。

食べられる食材

食べられる食材一覧は以下を目安にしてください。

食材 5ヶ月~OK 6ヶ月~OK
米・パン類 ごはん 食パン
麺類
  • うどん
  • そうめん
穀物・芋
  • じゃがいも
  • さつまいも
大豆
  • 豆腐
  • 豆乳
  • きな粉
高野豆腐
  • ひらめ・かれい
  • しらす干し
真鯛
黄身のみ
野菜
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • トマト
  • ほうれん草・小松菜
  • ブロッコリー
  • キャベツ・白菜
  • 玉ねぎ・ネギ
  • 大根・かぶ
  • モロヘイヤ
  • そら豆
  • なす・きゅうり
  • レタス
  • アスパラ
  • オクラ
  • ピーマン・パプリカ
果物 バナナ・りんご・桃
みかん・オレンジ等
海藻
  • 焼きのり
  • ひじき

離乳食の進め方とは? 5~6ヶ月の進め方の目安

進め方の目安は以下になります。

引用:和光堂

あくまでも進め方の目安の一例にすぎませんので、子どもの様子を見ながら進めてくださいね。

離乳食づくりには電気圧力鍋がオススメですよ!

あわせて読みたい
離乳食は圧力鍋を使って時短!!オススメ電気圧力鍋siroca!!
離乳食は圧力鍋を使って時短!!オススメ電気圧力鍋siroca!! 離乳食づくりって、はっきりいってめんどくさいですよね。(笑)ズボラ主婦代表という言葉が似合うほど、私はズボラなので、どうにか簡単に、時短で、できないかと...

離乳食を進めていて、もしアレルギー反応が出てしまったら?

離乳食を進めるにあたり、これを最も気にする方が多いでしょう。

5~6ヶ月頃の食材は比較的にアレルギーの原因になる食材は少ないです。

この時期で食物アレルギーが出やすい食材と言えば、大豆、小麦、卵です。

【アレルゲン食材の進め方のポイント】

  • 体調の良い時に食べさせる。
  • 午前中に食べさせる。(できれば病院の空いている平日)
  • まずは一口から様子を見る。

もし子どもの体調に変化があったら・・・?

アレルギー症状の多くは食後1~2時間以内に表れます。

ここにボックスタイトルを入力

  • 発疹やかぶれなどの皮膚症状
  • 息苦しくなるなどの呼吸症状
  • 下痢や嘔吐といった消化器症状

出方や反応の強さには個人差がありますので、よく観察し、気になることがあれば医療機関を受診するようにしましょう。

離乳食の進め方!5~6ヶ月の離乳食初期についてのまとめ

5~6ヶ月の離乳食初期の進め方についてイメージができましたか?

初めての離乳食を迎え、不安になるおうちの方は多いでしょう。

焦る必要はありませんし、無理をすることはありません。

子どもに合わせて無理なく進めることが大事ですので、徐々に進めていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

入園準備の時短に役立つ可愛い名付けグッズ【お名前シール製作所】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

教育、暮らし、お金(労務、税務)を専門に書く兼業ライター。
仕事も子育ても充実させたい!向上心溢れるワーキングマザーです。
保育士歴5年、現在本業である総務は4年目に入りました。
Webメディアのコンテンツの信頼性と情報の質を高め、
読者の暮らしを豊かにできるお手伝いをさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる