子どもの金融教育はいつから?どうやってお金の教育をしていくの?その1

 

子どもにお金の話、していますか?

ある程度、大きくなったらお金の話をしていきたいと思っている、おうちの方は多いかと思います。

 

  • 子どもの金融教育はいつからできるの?
  • どんなことを学ばせていったらいいの?

 

とお悩みの方へ、子どもへの金融教育の大切さや取り入れ方についてお話していきたいと思います。

とっても難しいお話ですし、偉そうに言いだした私もまだまだインプット中なので。

この話は前半と後半に分けてお話していこうと思います!

 

お金の知識は生きる力であり、考える力!まずは身近に感じて楽しく一緒に学んでいきましょう!

目次

子どもの金融教育とは?なぜ必要?

では、子どもへのお金の教育ってなぜ必要なのか。

まずはそこからお話していきましょう!

お金ってそもそも何?

もし子どもに「お金って何?」と聞かれたら、なんて答えますか?

 

  • 物を買う時に必要なもの
  • 蓄えるもの
  • 使うもの

 

このように答えるのが一般的ですね。

 

では、どこでどうやってお金を使うのでしょうか。

子ども視点から見ると、最も機会が多いのは、日常のお買い物の時でしょう。

 

でも、今はそれだけじゃありませんよね。

銀行にお金を預ける、電子マネーで決済する、などなど。

目に見えるところ以外でも、お金の移動は常にあります。

 

それも含めて、子ども自身が実際にお金に触れて、お金を身近に感じ、体得する機会はありますか?

これはある程度、大きくなったとしても、あまり機会がないご家庭もあるかもしれません。

 

ゆうこ
ましてや、目に見えないお金の移動なんて、なかなかイメージもつかないし、わからないですよね。

 

私たちですら、投資って何?の状態な人も多いのではないでしょうか。

なんでお金の教育が大事なの?

一番はやはりお金がないと生きていけない社会に住んでいるということ。

つまりは、生きるための力なんですね。

 

金融教育は、お金や金融の様々な働きを理解し、それを通じて自分の暮らしや社会について深く考え、自分の生き方や価値観を磨きながら、より豊かな生活やよりよい社会づくりに向けて、主体的に行動できる態度を養う教育である。

引用:知るぽると

 

ゆうこ
つまり、お金の教育は考える力につながっているわけですね!!

 

とくに日本の子どもたちは「お金の教養」が不足しています。

それは「お金の汚いもの」、「お金の話は人前ではタブー」、「卑しい」等、日本の文化や考え方に偏りがあり、その傾向が根強いのも原因の1つでしょう。

貯金が美徳という考え方も、まだまだありますね。(私も実際、美徳に感じています。

 

もちろん安心やリスク管理のために、資産を確保することは必要ではありますが。

 

それも込みで、

  • お金を貯える
  • お金を管理
  • 限りある中でやりくり
  • 時には増やす、資産を運用する

 

これらを主体的に考えて行うということが、お金を管理するうえで大事になってくるんですね。

 

私たちの子どもが、今後生きていくためには

今後は、年金とか社会保障が不安な世の中を迎えていきますね。

私たちも将来年金があるのかないのか。日々ニュースを見ていても不安になる方は多いかと思います。

 

 

ゆうこ
私たちの老後も心配なのに、子どもたちのこれからはどうなっていくの?

 

私自身も、そう思うことは多いです。

 

私たちや子どもたちが生き残るためには、

  • お金の回る仕組みを理解する。
  • 自立のために正しくお金を使える人になっていく。

これらの知識や力を早く身につけていくことが必要になってくるでしょう。

 

この知識や力を備えることで、社会の中で自分の能力を発揮し、いろんな人たちと協調し、互角に渡り合う力を発揮するようになっていくはずです。

ゆうこ
そう考えると、子どもの自立にお金の教育はセットになってきますね。

 

子どもの金融教育はいつから?親ができること。

では、具体的には、子どもの金融教育はいつから行えるのでしょうか。

お金の知識を、身につけるためには、数の概念を理解するところから始まりますよ。

 

子どもの金融教育はいつから?

先日、お話をしたモンテッソーリ教育では、おおむね36歳で算数教育が育まれるとお話しましたね。

その概念はとても一般的で、思考力想像力もめきめき育っていくんですね。

 

丸三角四角などの形から、数字や物の大きさ、長さ、重さなどを理解できるようになってくるのが、3~6歳頃の年齢になります。

とくに物の大きさや長さ、重さなどは、身近な生活の中やおもちゃで遊ぶ中で体験し、身についていくことが多いです。

 

ゆうこ
遊びの中で、何度も経験を通しながら、物事を多面的に捉えられるようになっていくんですね。

 

数の概念が身につくのは・・・?

  • 3~6歳くらいから数の概念が育っていく。
  • 丸三角四角などの形、数字や物の大きさ、長さ、重さなどを理解できるようになる。
  • 何度も経験することで、思考力、想像力が育つ。
ゆうこ

ちなみに、モンテッソーリ教育ではまさに算数教育に力を入れた教具も多くありますよ。

詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

あわせて読みたい
モンテッソーリ教育って何? 3分でわかる子どもにおすすめ教具7選
モンテッソーリ教育って何? 3分でわかる子どもにおすすめ教具7選子育てをしていると、モンテッソーリ教育というのを耳にしたことがあるかと思います。ざっくり説明すると、昔の偉い人が考えた教育理念と方法なのですが。(笑) モンテ...

おうちの方ができること

では、3~6歳で金融教育を取り入れていくとして、おうちの方はどうアプローチをかけていけばよいのでしょうか。

 

細かくはいろいろあるかと思いますが、大きくは2つのポイントがあります。

金融教育を取り入れる時の2つのポイント

  1. お金のイメージをさせる。
  2. 少額でも、小さいことから楽しくお金の管理をしていく。

 

お金のイメージをさせる

お金の概念が身についていない子どもからしたら、お金はただのガラクタですし、薄い紙きれのように感じているかもしれません。

そのスタートラインから、お金の価値を知ってもらう必要があります。

 

例えば、

  1. 親が一生懸命働いた大事なお金をもらう。
  2. お金を使って、自分の欲しかったものをお店の人からもらう。
  3. お金を介してほしいものを手に入れることができる。
  4. それに感謝することができる。

 

このようなイメージがつくと、お金の価値に気づいてきているってなりますよね。

 

もっと言えば、りんごを一つ手に入れるだけでも、言えますよね。

 

【りんごを手に入れたい】

⇒りんごを作る人が存在し、労力を使って大切に育てられている。

⇒それを出荷することで、りんごが市場に出回る。りんごを運ぶ人の力もいる。

お金という価値のあるものを使って、手に入れることができる。

 

こういった背景を体験、もしくはイメージしていくことで、お金を作るのが大変だと実感できるようになっていくんですね。

 

ゆうこ
この「物を手に入れる時には対価が必要」という認識がもてることが大事になるんですね。

 

日常的にそれを体験できる環境を作り、想像できるような声をかけていくことで身についていくことができるでしょう。

  • お金の仕組みを理解できるように、イメージを育ててく。
  • 物を手に入れる時には対価が必要で、その大変さを知り、感謝の気持ちをもてるように促していく。

 

少額でも小さいことから楽しく管理をしていく

先ほどイメージが大事と伝えてきましたが、そのためにはとにかく実体験あるのみです。

 

実際にお金を使って買い物したり、自分でお金を財布に入れて管理したり、子どもが実際に体験することで、お金の使い方や管理の仕方を学んでいきます。

 

つまり、お金と自分の暮らしが実体験で繋がることが大事なんです。

子どもが生活の中で、「お金」を意識する経験を徐々に増やしていきましょう。

 

  • お金と自分の暮らしが実体験で繋がることで、お金の使い方や管理の仕方を学んでいく。

 

お金について知るのは、早い方が良い

お金が手に入る仕組みを知らないと、世の中の仕組みも理解することが難しいです。

 

  • なぜ働くのか。
  • どういう仕事があるのか。
  • どのような対価が支払われるのか。

というところまで、想像ができないと、安易に楽な方を選択してしまいがちになります。

 

私の実母の働き先が小売業界なのですが。

働いているスタッフには学生やフリーターでアルバイトをする子も多いそうです。

 

しかし、中には仕事自体をあまり重く受け止めていないのか。

体調不良ややむを得ない理由でなく、電話一本で「今日はちょっと学校長引いちゃったんで、休みます!」と連絡がくる子もいるそうです。

それも1~2回だけでなくです。

 

なんか嘘のような話でしょうけど、これ、ほんとにあるんです。

 

お金の価値がわかっている子であれば、これはなかなかできないんじゃないかなっておもうんですよね。

 

どの仕事にどれくらいの責任と労力があり、その対価としてどういうお金がもらえるのかを理解できていれば、電話一本で休ませてください!なんて、よほどの理由がないとできないと思います。

 

今後の働き方にも直結するでしょう。

 

お金ついて知るということは、早ければ早いほど、良い効果をもたらすって、実感してしまいますね。

子どもの金融教育はいつから?のまとめ

「お父さん、お母さんはこんな仕事をしている。」

「それはどんな職業になるのか」

 

改めて、子どもと一緒に話をしていくことで、

 

「自分がなりたい仕事はどんな職業で、どんな雇用形態になるのか。」

 

自分でもイメージできるようになっていけますよね。

 

  • お金には限度がある。
  • 親が働くから生活ができる。

 

これらを早くに知ることで、将来の自分の働き方というのを見据えることができるんだと思います。

 

お子さんが小さいのであれば、今からで大丈夫です。

今後どのようにお金についてお話していこうか、実生活に取り入れていこうか。

 

今一度考えてみてくださいね。

 

まとめていきますね。

お金の教育のポイント

  • 生きる力、考える力に直結する。
  • お金の管理を主体的に考えて行うことが大切。
  • お金の仕組みを知ることで、自分の能力を発揮し、いろんな人たちと協調し、互角に渡り合う力を発揮する。
  • 子どもの自立にお金の教育はセット。
  • お金と子どもの実生活を結び付けていく。

 

金融教育を取り入れる時の2つのポイント

  1. お金のイメージをさせる。
  2. 少額でも、小さいことから楽しくお金の管理をしていく。

 

 

次回は、具体的な方法やおもちゃなども紹介できたらいいなと妄想しています。

とりあえず、インプットから頑張ります!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

教育、暮らし、お金(労務、税務)を専門に書く兼業ライター。
仕事も子育ても充実させたい!向上心溢れるワーキングマザーです。
保育士歴5年、現在本業である総務は4年目に入りました。
Webメディアのコンテンツの信頼性と情報の質を高め、
読者の暮らしを豊かにできるお手伝いをさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる