子どものお片付けはいつから?片付けの習慣が身につく3つのポイント

 

「なんでうちの子はお片付けできないんだろう。」

 

散らかった部屋を見ているとそう思うことはたびたびありますよね。

 

子どもにお片付けをさせるのって、大変です。

少し用事をしている間に、振り返ったら部屋がえらいことに。

「お片付けしよう!」と誘っても、なかなか子どもの腰が重く、最終的に親が手を出して片づけするというのは日常茶飯事。

 

そこで今回は保育園で実践している、家庭でも取り入れやすい3つのポイントを紹介します!

目次

子どものお片付けはいつから?そのメリットとは

 

目安は1~2歳くらいから取り入れられるようになってきます。

子どもと言葉やしぐさでやりとりができるようになると、少しずつ取り入れることができるんですね。

 

1歳児の発達についてはこちらで詳しく書いていますのでよかったらどうぞ!https://kosodate-nobinobi.com/1saizi-hattatupoint

 

ちなみに、2歳児の発達についてはこちらでちょっと詳しく書いています。

あわせて読みたい
室内遊び【2歳児編】お家でもできる楽しい遊びのアイディア7選!!
室内遊び【2歳児編】お家でもできる楽しい遊びのアイディア7選!!2歳児の室内遊びとなると、ものすごーく体力がついて大変ですよね。1歳児よりも体力、知力が備わり、できることも増え、どんどん言語が発達していきます。 2歳児と室内...

 

片付けのメリット

よく私も父から「片付けができるやつは仕事のできるやつ」と言われたものです。 😆

その通り!と言えるかどうかはさておき、片付けを行うことのメリットは綺麗や清潔にするだけではありません。

”片付けのメリット”

などなど。片付け1つとってもないがしろにできないことがたくさんありますね。

 

さらにこれが延長し、習慣になっていくと大人になっても役に立ちそうですよね。

仕事の効率化であったり、物の把握ができるようになることでお金が溜まるようになったり、

片付けや整理整頓がもたらす効果はたくさんあると思われます。

 

子どもがお片付け上手になる3つのポイント

 

ではさっそく、子どもがお片付け上手になる3つのポイントをご紹介します。

  1. おもちゃの定位置を決める
  2. 子どもと一緒にお片付けをする
  3. 片づけをする時間をきっちりと決める

では詳しくお話いたします。

 

おもちゃの定位置を決める

まずはおもちゃをざっくりと種類ごとに分けて箱へ入れます。

「車のおもちゃ」「ぬいぐるみ」「音の鳴るおもちゃ」「ままごと」

 

本当にざっくりでかまいません。👌

 

動作を「箱に入れるだけ」に絞ってやることで、

子どもが玩具を片づけやすくなるだけでなく、モチベーション維持にもつながります。

 

そして、分けた箱の定位置を決めてください。

その都度、おもちゃの箱の場所は替えてはいけませんよ?

 

我が家では3段ボックスやスチールラックを活用しています。

 

箱にラベリングをしたり、絵や写真などを箱に貼り付けたり、

視認できるようにすると、より効果的になりますよ!

ワタクシはズボラなので、家ではそこまでしていませんが。^^;

多くの保育園では取り入れているところが多いと思います。

  • ざっくりとカテゴリー別に箱に分けて入れる!
  • おもちゃの定位置を決める!基本、動かさない!

 

子どもと一緒にお片付けをする

 

まずは親がお手本となってください。

子どもと一緒に片付けをしながら、片付けのやり方を見せて、聞かせて、体験させていきましょう!✨✨👍

 

又、一緒に同じ動作を行うことにより、

子どもの「できた!」の瞬間に立ち会うことも増えます。

すかさず、ここで子どもをしっかりと褒めてください。

自信やモチベーションの向上につながりますよ!⤴️⤴️💪

  • 親が片付けのお手本を見せる!
  • 子どもの「できた!」という気持ちを受けとめ、自信やモチベーション向上につなげる!

 

片付けをする時間を決める

片付けをする時間をこちらが決めることで、子どものやる気スイッチが入りやすくなります。✨💡

 

ポイントとしては、生活の節目が良いでしょう。

 

ご飯の前やお出かけ前など、後に楽しみがある活動を目指してやると効果的です。

さらに同じ時間に設定することで、習慣として定着しやすいというメリットもあります。🙆‍♀️

  • 生活の節目に片付けの時間を作ることで、子どものやる気スイッチが入りやすくなる!
  • 同じ時間に片付けを設定することは習慣として定着しやすい!

 

子どもに片付けの習慣が身につく3つのポイントについてのまとめ

 

習慣にするには、動作ややることが簡単な方が続きやすいですよね。

大人も子どももできることから少しずつ、始めてみると良いと思いますよ。

 

子どもがお片付け上手になる3つのポイント

  1. おもちゃの定位置を決める
  2. 子どもと一緒にお片付けをする
  3. 片づけをする時間をきっちりと決める

以上!子どもに身につく片付けの習慣のお話でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

教育、暮らし、お金(労務、税務)を専門に書く兼業ライター。
仕事も子育ても充実させたい!向上心溢れるワーキングマザーです。
保育士歴5年、現在本業である総務は4年目に入りました。
Webメディアのコンテンツの信頼性と情報の質を高め、
読者の暮らしを豊かにできるお手伝いをさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる