0歳児のおもちゃはどんなものが良い?月齢別オススメ知育玩具!!

 

赤ちゃんのおもちゃはいろいろなものがありますね。

木のおもちゃから、ぬいぐるみや音の鳴るおもちゃなどなど、多種にわたっていますね。

 

  • どんなおもちゃが0歳の子どもにとって良いのか。
  • いつからおもちゃを取り入れたらいいのかわからない。
  • どうせ買うなら知育玩具と言われるものが良い!

 

そうお考えの方へ、今回は0歳児から遊ぶことのできるおすすめのおもちゃを紹介したいと思います!

目次

0歳児の発達段階を知ろう!

0歳児に合うおもちゃとはどんなおもちゃか。

それを知るには、0歳の発達の全体を知る必要があります。

0歳児の発達について月齢別に簡単に発達をまとめます。

 

0〜2ヶ月の発達

まだまだ産まれて十数日の赤ちゃんなので、ほとんど寝ていることが多いです。

しかし、徐々に音に反応するようになったり、追視ができるようになったりと体の機能の発達とともに外からの刺激にも反応できるようになってきます。

  • 徐々に追視ができるようになる
  • 2ヶ月頃には顔を動かして追視。
  • 手足を活発に動かせるようになる
  • 音の聞こえる方向に反応する。
  • 徐々に表情が出てくる。
  • あー、うーなどのクーイングが出てくる。

 

ゆうこ
クーイングとは喉や声帯の発達に伴い、その時期の赤ちゃんが「あー、うー」という声を発することを言います。

 

唇を動かすことなく、喉の力だけで発します。

3ヶ月~4ヶ月の発達

体の機能の発達とともに、筋肉も発達し始め、足を動かしたり、お尻を上げたりする子もいるでしょう。

又、こちらが笑うと笑い返してくれるなど、表情も豊かになってきます。

  • 手足をよく動かすようになる。
  • 把握反射がしっかりしてくる。
  • おもちゃを握った手を振ると、もう一方の手も振る。
  • 身の回りのものに触れたり、見たり、口に入れたりする。
  • 音のする方向に顔を向ける。
  • 自分の体に気づき、見つめたり、触ったり、ゆびしゃぶりしたりする子もいる。
  • 笑う、泣くなど感情が豊かになってくる。
  • 首が座り始める。

5~6ヶ月の発達

首が座り、背中の筋肉も発達し、寝返りを始める子もいるでしょう。

早い子は足を投げ出し、投げ座りができる子もいると思います。

起きている時間も増え、活発になってきます。

この時期から離乳食を始める子が多いです。人見知りもこの時期ぐらいから出てくるでしょう。

  • おもちゃを一方の手から他方の手へ持ちかえる。
  • 寝返りをする。
  • 離乳食が始まる。
  • 目と手が供応するようになり、目についたものを取ろうとする。
  • 手に持つとよく遊ぶ。
  • 「いないいないばあ」を喜ぶ。
  • 難語で大人とやり取りをする。

 

7~8か月の発達

身体機能の発達が著しく、ずりばいやハイハイをするようになり、体力もついてきます。

又、手や指を使った微細な動きもできるようになります。

  • ずりばい、ハイハイができるようになる。
  • 物を引っ張ったりつまんだりする。
  • 大人の指差しすると、その方向を見ることができる。
  • 両手に持っているものを打ち合わせる。
  • お座りできるようになる。

9~12ヶ月の発達

手先の微細運動の発達により、手づかみで物を食べることができるようになります。

身体的にはハイハイや伝い歩き、早い子は数歩歩くことができる子も出てきます。

好奇心が多く、欲しいものを指差しで意思表示ができるようになります。

模倣遊び(真似っこする)のもこの時期ぐらいから盛んになります。

  • ハイハイ、伝い歩きが活発になる。
  • 歩き始める。
  • 「ブーブー」「マンマ」など、一語分が出てくる。
  • 簡単なやり取りや大人の言っていることがわかるようになってくる。
  • 手づかみ食べをする。
  • 模倣遊びを楽しむ。

0歳の発達に合わせたおもちゃはどんなおもちゃ?

身体機能の発達や、少しずつ概念が形成される時期である0歳児には素材の感触音が鳴るものなど、五感にうったえかけるようなおもちゃが多いです。

又、手や指先、足等の身体の発達を促すおもちゃが主になります。

 

発達に合わせたおもちゃを選ぶことで、その時期に獲得される発達を促す効果があります。

ここからは私の使用感も踏まえながら、月齢別におすすめのおもちゃをご紹介いたします。

 

0歳 0~3ヶ月頃の赤ちゃんにオススメのおもちゃ

 

くまのプーさんえらべる回転 6WAYジムにへんしんメリー/タカラトミー


昔からあるメリーは0ヶ月から愛用できるおもちゃです。

正直、私はメリーなんていらないでしょって思っていた口でして。

実母に買ってもらい、とりあえずつけたみたいな感じで取り入れたのですが。

 

これはねんねの赤ちゃんには特に大ヒットで、私の中でも衝撃が走りました。

 

このタイプのメリーの良いところは音楽が鳴るというところです。

優しい音楽とともに、頭の上でくるくると回るのですが。

追視ができるようになると、それを見て喜んだり、足をバタつかせたりしていたので。

十分楽しんで遊べるおもちゃだと思います。

 

メリー、なめていました。。。

 

オーボール ラトル/ラングスジャパン


柔らかい感触と握りやすい形をしたボール型のラトル。

振ると音が鳴り、転がして遊ぶのも楽しめるおもちゃです。

又、丸洗いもでき、衛生面でもすごくありがたい定番のラトルですね!

紐などを付けて、お出かけの時に持っていく方も多いですね。

 

うちの子も好きです!

 

泣く子もケロリ!魔法のラトル/ピープル


これは長男の時に友人からもらって大ヒットしましたが。

このガラガラ、すごくよく見てくれます。

又、握りやすいのも特徴です。

色味がというのもこれはよく考えられていて、赤ちゃんが色を最初に認識するのが「」だそうです。

 

赤ちゃんは生後3カ月ごろから、動く物を目で追うようになります。この時期から「心理四原色」という、赤や黄色などのはっきりとした色が見えるようになり始めます。「心理四原色とは、人間が最も見分けやすいとされる色のこと。赤ちゃんが最初に認識する色は赤でその後、黄、緑、青の順番で認識するようになります」。

引用:目を見つめるのはなぜ? 赤ちゃんが認識する「色の世界」とは

 

とにかく子どもの視線をしっかりとらえてくれるおもちゃです。

0歳 4~7ヶ月頃の赤ちゃんにオススメのおもちゃ

 

にぎってなめなめ かみかみフラワー/コンビ


言わずと知れた大手メーカーコンビから出ているおもちゃです。

これは個人的にもですが、いろいろ歯固めのある中でオススメだと思いました。

軽く、持ちやすい形で、さらにカミカミしやすい形になっています。

 

なめても安心 も~っと!なめられ太郎四代目/ピープル


これも長男には大ヒットしました。

持ちやすい、なめやすい、ひっぱれる。何とも言えない感触のあるおもちゃです。

 

バイリンガル・ラーニングボックス/フィッシャープライス 


これはわりと6ヶ月くらいから2歳になっても長く使えるおもちゃだと思います。

手や指先を使ってつまんだりできるし、音も良くなるので楽しく遊べます。

2歳になるころには型はめでも遊べるでしょう。

0歳 8~12ヶ月頃の赤ちゃんにオススメのおもちゃ

 

くるくるチャイム/くもん


子どもの認識しやすい色、さらにらせん構造で転がっている様子が見れるポスティング型のおもちゃ。

まさに知育玩具の代名詞ともいえるおもちゃだと思います。

くもんさんなので、間違いないと思います。

 

音いっぱいつみき/エドインター


角も丸く、いろんな音が鳴る見た目もかわいい積木です。

最初の積み木としてはもってこいのサイズと形なので、すごくいいですよ。

 

又、木なので温かみがあります。

 

おもちゃで遊んだ後は、ぜひお片付けも取り入れてみてくださいね。

あわせて読みたい
子どものお片付けはいつから?片付けの習慣が身につく3つのポイント
子どものお片付けはいつから?片付けの習慣が身につく3つのポイント 「なんでうちの子はお片付けできないんだろう。」 散らかった部屋を見ているとそう思うことはたびたびありますよね。 子どもにお片付けをさせるのって...

 

0歳児のおもちゃはどんなものが良い?月齢別オススメ知育玩具!!

 

この時期が大事なのは、とにかく繰り返し経験を積むということです。

発達に合ったおもちゃは、その時期の経験を積むことができるまさに教材でもあります。

 

ぜひ発達に合わせたおもちゃを取り入れて、一緒に遊んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

教育、暮らし、お金(労務、税務)を専門に書く兼業ライター。
仕事も子育ても充実させたい!向上心溢れるワーキングマザーです。
保育士歴5年、現在本業である総務は4年目に入りました。
Webメディアのコンテンツの信頼性と情報の質を高め、
読者の暮らしを豊かにできるお手伝いをさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる